ブログ一覧

髪は女の命

鍼灸とは全く関係ない話ですが、長年やっていた白髪染めをやめて、4ヵ月程が過ぎました。

白髪染めで染まっていた部分だけ少し脱色したので、今は、シルバーに薄茶のメッシュのようになっており、皆からは、むしろ若くなったと言われています。

昔は、「髪は女の命」と言って、毎夜丁寧に櫛が入れられていました。

しかし実は、スマホやパソコンをよく使う、ストレス過多なこの現代ほど、髪のブラッシングが必要なのです。

丁寧にブラッシングすると、地肌のマッサージになり、最近とみに増えた女性の薄毛に、のぼせからくるイライラに、スマホなどの目の疲れに、もちろん、髪にはつやとコシが、そしてお顔の血流も上がり、お化粧のノリもグンとアップ。

そのおかげか、私は髪質では美容師さんに褒められますし、顔や首にあまりシワもありません。
(↑これは本当です!お顔だけでなく、特に、先生のデコルテは本当にきれい!byスタッフ)

ブラッシングは、一石何丁やら!
ブラシは静電気さえおきなければ、100円ショップので充分。
朝晩2回、“丁寧に”がポイントです!(福嶋美奈子)

2018年10月30日

鍼灸の"ハリ ”

鍼灸というと“中国”なイメージですが、カスタマイズ能力の高い日本、特に江戸時代に日本の鍼灸は独自の発展を遂げてきました。

まず、使っている“鍼(はり)”が違います。

日本の鍼は、痛みはなく、やさしい刺激にする為に、鍼を細くやわらかく、先尖も丸くしました。しかしそれでは身体に刺すことができないので、管に入れ、鍼の長さをわずかに管よりも長くすることでやさしく鍼頭をトントンと叩くだけで痛みなく刺せるのです。

江の島に杉山神社があるのをご存知ですか?

実は、鍼技術が下手で破門にされた杉山和一という人が、「痛くなく鍼を刺す智恵をお与えください」と弁天様に願い、この管を使った鍼技術を得たということで、杉山和一さんも祀られているのです。

中国では管がないので、刺しやすくするために、太くて固くて鋭いものを使います。
ただし、近年は中国でも繊細な鍼を求められ、こっそり日本の鍼も使われ出しているようです。

さらに、小児鍼も江戸時代に産まれた日本オリジナルで、これは刺さずに、皮膚をこすったり、つっついたりするような道具を使います。

小児鍼についてはまた今度!

2018年05月15日

お腹が大事!

春の嵐が吹き荒れました。

しかしまだまだ三寒四温、油断は禁物です。重いコートを手離してゆるんだところで、思わぬ〝花冷え″をもらうことがあり、意外なことに、ギックリ腰が増える季節でもあります。

又、敏感な方だとめまいに似たフワフワ感や、歯が浮くような感じがすることもあるようです。子どもたちもこの陽気のせいでそわそわして落ち着かず、親御さんもイライラしてついついしかってしまうことが増えますね。

そんな時は、脱ぎ着のしやすい服を着重ねて、おにぎり持って公園へgo!あとは、お腹にあったかいお灸がおすすめ。頭の神経をしずめてよく動く良いお腹に。

花粉症の方にもおすすめします。

お腹が大事!

2018年03月08日

小児鍼

時々、鍼灸師やその卵さん達に小児鍼(しょうにしん)を教えに行ってます。

先日は、スポーツ系の鍼灸学校でした。大半が高校卒業すぐに入学してるので、ほぼ20才の若者。
皆、熱心でぐんぐんうまくなります。

更に、子どもの身体をどう診るのか。何故そんな症状が出るのか。

疳の虫(かんのむし)や鼻炎のお子さんの実際の症状をもとに、西洋医学・東洋医学、両方の観点から検討していきました。

未だ、国家資格を取っていないので、本物の患者さんに会えるのは、しばらく先ですが・・・

「是非、小児鍼をやりたい!」
「はりなのに刺さないなんて、それもやさしくて気持ちよくて、それでこの効果はスゴイ!」

と、アンケートから彼らの熱が伝わってきて、うれしく、たのもしく感じました。

子育てがもっともっと楽しくなって子ども達がスクスク元気に育ちますように、そのお手伝いは、とっても楽しくて、嬉しいです。

2017年11月25日

足三里

足三里は足の疲れをとり、胃腸の働きを促進、全身の活力を高めるツボです。長寿穴としても古来親しまれてきました。芭蕉が「三里に灸するなどして」旅の支度をしたことはよく知られています。

足三里辺りを拳で20回位軽く叩きます。食べ過ぎや冷えてお腹が痛い、食欲がない等消化器系の不調がある場合は温めると楽で、お灸、またはお風呂があれば両足を膝までお湯につける膝湯をしましょう。

消化器系の調子が上がると元気がめぐり、として活力も湧いてきます。

2017年10月25日
» 続きを読む